ファミリーマートの大盛明太子スパゲティを食べてみた

ファミリーマートの三つ星パスタ特集、今日は大盛明太子スパゲティを食べてみました。Mon Favoriの三つ星パスタ特集にだいぶ後れをとってしまったので、大盛シリーズを攻めてみることにしました。

食べながらニュースを読んでいると、「めんたいこ業界、低価格化で競争激化」の文字が飛び込んできました。なんてタイムリーなのでしょう・・・。明太子が低価格化している理由は、売れ筋が切れ子などの徳用品になり、収益の柱だった贈答品は需要が減少しているからとのこと。たらこ(明太子を含む)の100グラム当たりの価格は、2003年から25%の大幅下落、高い商品と安い商品の二極化が進んでいるそうです。たしかに、綺麗な箱に入った明太子じゃなくても、おいしい明太子が食べられるなら徳用品でいいかなと思ってしまいます。

大盛明太子スパゲティは、紹介ページによると、2013年4月9日から発売、東北地区、九州地区は商品展開なしとのこと。価格は398円で、エネルギーは647kcalです。価格とエネルギーでコストパフォーマンスをはかるなら、低価格で高カロリーな大盛明太子スパゲティは上位に食い込めそうです。

大盛明太子スパゲティ(1)

例によってソースは固められています。販売している間に、ソースの影響でパスタがのびないようにする工夫ですね。大盛シリーズなので、「回転皿が回らない場合がありますが、加熱には影響ありません。」とおなじみの注意書きがあります。早速食べてみます。

大盛明太子スパゲティ(2)

普通に明太子のパスタかなと思っていたのですが、少し甘みがあります。もう少し辛いパスタをイメージしていたので、意外な味です。商品紹介を読んでみると、

つぶつぶ食感を活した明太子を使用しソースに仕上げました。明太子の辛味を活かしながら、卵黄を加えコクのある味付けにしました。

と書かれていました。この甘みは卵黄に由来するものでしょうか。たしかに、ソースが唇につくと、生卵が唇についたときのような感じがします。「つぶつぶ食感を活した」というのは、商品紹介を読むまで気づきませんでした(^^;言われてみれば、つぶつぶ食感があります。パスタ自体の食感は、大盛カルボナーラ同様、ぷりっとしています。

高カロリーだからでしょうか。3/4ぐらい食べ終わったあたりで結構満腹感を感じました。途中から分け合って食べるわけにもいかないので、もちろん最後まで食べましたが。


ファミリーマートの大盛明太子スパゲティを食べてみた」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ファミリーマートの「赤ワインの風味香る 牛ラグーソースご褒美パスタ」を食べてみた | UB Lab.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.