マクドナルドの「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」を食べてみた

「大人も満足する和の味わいと肉厚のボリューム感」と銘打って、2020年4月8日から販売が開始された『サムライマック』、「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」「炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ」の2種類が期間限定で発売されましたが、今回は「炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ」を食べてみました。

ニュースリリースによると、2枚重ねた厚みのある100%ビーフのおいしさを、香ばしい炙り醤油風のソースが引き立てる、ビーフを味わい尽くせる一品とのこと。エネルギーは625kcal、価格は単品で490円です。ビーフパティは専用のものではなく、「グラン」と同じビーフパティを使用していますとキャンペーンページに薄く小さい字で書かれています。
商品の紹介には、

シャキシャキのスライスオニオンもトッピングし、香ばしくトーストした、けしの実を使用したバンズでサンドしました。
たっぷり入れたたまねぎの甘さや、にんにくによるコクがあと引くおいしさの、香ばしい炙り醤油風のソースが、肉のおいしさを引き立てる、思わずやみつきになる一品です。

と書かれていますが、どんなハンバーガーでしょう。

「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」は、青い袋に包まれています。そういえば、ビックマックも包んでくださいと言えば、箱ではなく包んでくれるようですね。食べやすそうなので、今度やってみたいと思っています。

けしの実を使用したバンズ。

2枚のチェダーチーズがあふれんばかりになっています。

半分に切ってみると、かなりのボリューム感があることが分かります。

食べてみると見た目ほどのボリューム感はなく、結構食べやすい感じです。味は、ニンニクがかなりきいています。炙り醤油風のソースの味が濃いのでベーコンなどはあまり味が分からなくなっていますが、チーズで相殺されているのでちょうどよい感じです。販売終了は、5月中旬予定だそうです。でも、何が「サムライ」なんでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.