ミスドのライスバーガー「担々牛焼肉」を食べてみた

ミスタードーナツとモスバーガーのコラボレーション企画、今度はミスタードーナツ側のミスドのライスバーガーを食べてみました。ミスドのライスバーガーは担々牛焼肉とあん&カスタードがありますが、まずは「担々牛焼肉」の感想からです。価格は税込み345円、エネルギーは313kcal、販売期間は5月28日から8月下旬です。

業務提携を行っているミスタードーナツとモスバーガーは、2008年にホットチキン、2009年にドーナツバーガーのコラボレーション企画を行っていますが、今回は「モスとミスドのとりかえっこ」という企画になったようです。キャンペーンページを見ると分かりますが、テレビ CM の出演者まで取り替えっこしてしまっているという力の入れようです。ミスタードーナツもモスバーガーも主食系を1つ、おやつ系を1つ出していますが、今回の「担々牛焼肉」は主食系なので、モスのフレンチクルーラー ぐるぐるチョリソと取り替えっこした商品ですね。
取り替えっこと言っても、モスバーガーで使用するフレンチクルーラーも、ミスタードーナツで使用するライスバーガーも、それぞれ独自に開発したもので、ミスドのライスバーガーはミスタードーナツが作ったものです。

「担々牛焼肉」のメニュー情報によると、

牛焼肉とタマネギに担々味噌の辛さとチーズのまろやかさが特徴です。

とのこと。お米は、国産米を使用しているそうです。

ミスドのライスバーガーは、その場で作るため少し時間がかかります。そのかわり、ほっかほかのライスバーガーを食べることができます。
担々牛焼肉(1)

どうみても、モスバーガーのライスバーガーにしか思えませんが、正真正銘ミスタードーナツのライスバーガーです。
担々牛焼肉(2)

半分に切る必要もないかなと思いましたが、一応切ってみました。肉がたっぷりというわけではありませんが、バランスは良さそうです。
担々牛焼肉(3)

ミスドのライスバーガー、うまいです。できたてだからかもしれませんが、ライスの部分がふっくらとしていて、ほどよい醤油味がついています。これほどのライスバーガーを作れるのであれば、「担々牛焼肉」だけじゃなく、いろいろなシリーズを出してくれてもいいかもと思わせます。

PR TIMES のニュースリリースには具材の説明があり、

豚肉、たけのこ、タマネギ、豆板醤、オイスターソースが入った担々味噌を牛焼肉にのせ、たまねぎ、スライスチーズをライスパテでサンドしました。

と書かれていました。ミスタードーナツは飲茶もやっているので、中身を作るのはお手の物だったかもしれません。


ミスドのライスバーガー「担々牛焼肉」を食べてみた」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ミスドのライスバーガー「あん&カスタード」を食べてみた | UB Lab.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.