マクドナルドの「チキンタツタ 和風おろし」を食べてみた

マクドナルドが「チキンタツタ 和風おろし」を発売したので、早速食べてみました。チキンタツタと同じで、中国の食品会社「上海福喜食品有限公司」が使用期限切れの鶏肉を使用していた問題で PR イベントは中止、ニュースリリースも出ていません。期間限定で、2014年7月30日から発売、8月中旬までの予定のようです。

「チキンタツタ 和風おろし」って聞いたことがある響きだったので、以前のブログを探してみるとチキンタツタに和風おろしだって!?という懐かしい記事が見つかりました。ブログを始めたばかりの頃の記事ですね。以前のブログにメニュー情報などが載ってないので比べられなくて残念ですが、今年のメニュー情報には

「チキンタツタ和風おろし」は、大根おろしに醤油と柚子の果汁を加えた「和風おろしソース」を使用し、さっぱりとした和風テイストに仕上げた一品です。店舗で蒸したふんわりとしたバンズに、しょうが醤油の風味香るタツタパティとシャキシャキの千切りキャベツ、クリーミーで、ちょっぴり辛みのあるソースをサンドした、チキンタツタです。

と書いてありました。価格は単品で379円(税込み)、エネルギーは417kcalです。

「チキンタツタ 和風おろし」も箱に入っています。
和風おろし_箱

チキンタツタと、少しパンが違うように見えますが・・・色が濃いだけでしょうか。
和風おろし_中身

和風おろしソースがたっぷりとかかっています。
和風おろし_中身2

チキンタツタ同様、(ほぼ)メニュー写真通りに作ってもらえました。
和風おろし_中身3

半分に切ってみると、パンの断面はほのかに黄色いので、チキンタツタと同じパンのようです。
和風おろし_断面

最後にアップの写真を1枚。
和風おろし_断面2

和風おろしソースが「大根おろしに醤油と柚子の果汁を加えた」ものなので、柚子が好きな人にはお勧めできるんじゃないかと思います。和風おろしソースの味が濃いので、柚子や柑橘系の果汁が苦手な人にはお勧めできません(私は全くだめでした)。「チキンタツタ 和風おろし」はチキンタツタと名前はついていますが、どちらかというと和風おろしソースがメインになっているハンバーガーでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.