マクドナルドの「アメリカンファンキー BBQ チキン」を食べてみた

マクドナルドの「アメリカンヴィンテージ」キャンペーン第三弾、「アメリカンファンキーBBQ チキン」が発売されたので早速食べてみました。第三弾はキャンペーンファイナルで、2014年2月18日から3月上旬までの期間限定となっています。同時に発売されたアメリカンファンキー BBQ ビーフはなかなかおいしかったのですが、チキンはどうでしょうか。

アメリカンファンキー BBQ チキンのメニュー情報によると、

BBQ(バーベキュー)とは言わずと知れたアメリカを代表する料理のひとつです。その歴史は古く日本の味噌や醤油のようにアメリカには数多くの種類のBBQソースが存在します。今回はその中でも特にスモークフレーバーにこだわり、10種類のスパイスやハーブをブレンドして本場の味にも負けないほどの本格的でインパクトのある味わいに仕上げました。「アメリカンファンキーBBQ チキン」はこのBBQソースにピクルスやチェダーチーズ、レタスといったハンバーガーの定番具材をサンドした一品。アメリカンチキンサンドイッチをお楽しみいただけます。

とのこと。価格は単品で370円~410円、エネルギーは463kcalです。メニュー情報、力が入っているのかと思ったら、ビーフとチキンでほぼ同じ内容でした。もう少しビーフとチキンの違いが分かるような説明になっていてもいいと思うのですが。

さて、「アメリカンファンキーBBQ チキン」ですが、ビーフと同様にファンキーな箱に入っています。
アメリカンファンキー BBQ チキン(1)

ビーフもそうでしたが、チキンもレタスが散乱した状態に。ソースがたっぷり入っているので、レタスを元に戻すのも一苦労でした。え?戻してから写真を撮ればよかった?戻したのは食べる直前だったのでご勘弁を。
アメリカンファンキー BBQ チキン(2)

チキンに関して説明はありませんでしたが、一枚肉のようですのでチキンフィレオと同じ肉なのではないかと。
アメリカンファンキー BBQ チキン(3)

チキンが気になったので、もうちょっと寄ってみました。
アメリカンファンキー BBQ チキン(4)

チキンフィレオ同様、さくさくのチキンでなかなかおいしいです。ビーフと同じソースのはずですが、なぜかピリ辛な感じがします。ビーフの時はソースが甘く感じたのですが。また、ソースが非常に濃く感じます。パティが違うからなのか、ソースが違うのか分かりませんが、少し濃すぎたので、自分でまんべんなく塗ってみました(ソースが偏ってただけか)。ビーフと同様、マクドナルドらしいチキンバーガーに仕上がっている「アメリカンファンキー BBQ チキン」、なかなかおいしかったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.