EditText の見た目を変更する(3)

前回は、EditText の見た目を自分なりの方法で変更した。今回は、変更方法が正しかったかどうか答え合わせをしてみる。
Android のソースコードは公開されているので、EditText や TextView のコードを見れば、自分の書いたコードが Android フレームワークの流儀から外れていないかどうか確認できる。
OHA 版 Android のソースコードを、GitHub 上に公開してくれている方がいるので入手も容易だ。さらに、検索サービスを利用すると簡単に必要なコードを探し出せる。

また、Android の API ドキュメントは充実しているとは言いがたく、説明が1行しかなかったり(それも、メソッド名を文章にしただけのような)、全く説明がなかったりするため、ソースコードを読んで解決しなければならない場合が多い。自分が対象としなければならない最低バージョンの Android のソースコードは手元に置いておいた方が便利かもしれない。

コードを追跡していくと、onDraw(Canvas canvas)メソッドを呼び出しているのは、TextView の draw(Canvas canvas)メソッドのようで、その中でバックグラウンドも描画している。フレームワーク内のコードなのでいろいろと複雑な処理は行っているが、バックグラウンドは、あらかじめ用意した Drawable であり、自分が書いたコードと基本的には同じような処理になっているようにみえる。
まだ作ったばかりなので、洗練されていないが、独自の EditText を作っていけそうだ。EditText のようなフレームワーク内のクラスを継承するべきかどうかは、また悩ましいところだが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.