セブンイレブンの新しいドーナツを食べてみた

コンビニエンスストアが本格的にドーナツを販売しはじめたのは、2014年10月末のセブンドーナツが最初のようです。ニュースリリースを読むと、「全国に24ヶ所あるセブン-イレブン専用のパン工場で製造」「専用設備を使用し、商品特性に合わせた製造方法を採用」など、かなり力を入れていることが分かります。また、2015年4月にはファミリーマートが販売を開始し、8月にはローソンとセブンイレブンが全国展開を完了しました。2015年は、コンビニドーナツ戦争の年だったと言えるのではないでしょうか。

発売当初は物珍しさも手伝って食べてみたのですが、完成度はいまいちで、油っこかったり、逆に物足りなかったりしたので、二度目の購入はありませんでした。おいしくないというのは私だけの感想ではなかったようで、販売数も伸び悩んでいるというニュースが出ていました。もちろん味だけの問題ではなく、コンビニでわざわざドーナツを購入するかという問題もあると思いますが・・・。

しかし、セブンイレブンは力を入れて開始したドーナツをあきらめる気はないようです。2016年1月に製造方法や材料を大幅に見直し、従来よりも高品質なドーナツの提供を目指すと発表しました。CM では伝えきれないおいしい話というページも用意し、かなり気合いが入っているようです。
簡単にまとめると、

  • カナダ産の小麦粉を使用し湯種を入れることで、スイーツのトレンドであるもっちりを追求
  • チョコ&ナッツドーナツには、蜂蜜とヨーグルトを配合してしっとりした生地に
  • ツイストドーナツには、メープルシートを織り込んで、ふんわりもっちりでふわっとメープルが香る生地に

ということのようです。ということで、早速買って食べてみました。

販売しているドーナツを全部購入したら、箱に入れてくれました。
セブンドーナツ_箱01セブンドーナツ_箱02

 
まずはオーソドックスなチョコオールドファッションです。価格は税込み100円、カロリーは驚きの404kcalです。カロリーが高い割には、さくっとしていて軽い印象でした。
セブンドーナツ_オールドファッション01セブンドーナツ_オールドファッション02

 
次は、カスタークリームドーナツ、税込み120円、253kcalです。特別なドーナツではありませんが、味の方も可もなく不可もなくという感じです。
セブンドーナツ_カスター01セブンドーナツ_カスター02

 
きなこドーナツは、税込み100円、286kcalです。「豆腐・豆乳・おから入り」となっているのですが、食べているときは分かりませんでした。きなこは一番特徴のあるドーナツで、新鮮な感じがします。
セブンドーナツ_きなこ01セブンドーナツ_きなこ02

 
濃厚キャラメルドーナツは、税込み138円、304kcalです。あまり食べたことのないドーナツですが、その名の通りキャラメルの味ですね。甘すぎるので、たくさんは食べられない感じです。
セブンドーナツ_キャラメル01セブンドーナツ_キャラメル02

 
チョコ&ナッツドーナツは税込み130円、254kcalです。チョコレートでコーティングされているのに、チョコオールドファッションよりもカロリーが少ないんですね。これも見た目通りでだいたい味は想像がつくと思いますが、生地はしっとりしてる印象でした。
セブンドーナツ_チョコナッツ01セブンドーナツ_チョコナッツ02

 
最後は、ツイストドーナツです。税込み110円、213kcalです。
セブンドーナツ_ツイスト01セブンドーナツ_ツイスト02

 
全体的に、おいしくなっているのは分かりましたが、印象に残る何かはありませんでした。もう一度買うかといわれると、ちょっと「?」マークがついてしまいます。この価格でドーナツを販売するのはすごいことなのかもしれませんが、もう少しパンチのあるドーナツがないと、レジ横に目がいかなような気がします。
なお、セブンイレブンのドーナツのページには、「ふわもちシュガードーナツ」がありましたが、なぜか売っていませんでした。「キャラメル&クランチドーナツ」もあるようですが、こちらは東京・千葉の一部のみ販売のようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.